熊本県内の賃貸物件を探す 熊本県内の売買物件を探す 熊本の不動産物件を地図から探す 店舗事務所 売りたい・貸したい 不動産 売りたい・貸したい 買取り・無料査定不動産のお悩みQ&Aで解決 不動産を相続された方へ くまもとくらしの情報 空家・空地でお困りの方 サービス付高齢者向け住宅 不動産競売代行サービス 不動産ちょっとアドバイス
 

サービス付高齢者住宅と有料老人ホームの違い

有料老人ホームと、サービス付高齢者住宅の最も大きな違いは契約形態にあります。

サービス付高齢者住宅では、住宅部分については建物賃貸借契約を結ぶとともに生活支援サービスを提供する場合は、サービス利用契約を別途結ばなければなりません。

一方、有料老人ホームの多くは利用権方式を採用しています。これは、入居の際に一時金を支払うことで、終身にわたり居室と共用施設を利用する権利と介護や生活支援サービスを受ける権利が保障されるという独特の契約形態になります。

サービス付高齢者住宅では、建物賃貸借契約を結ぶことが必須条件とされていますが、これは利用権方式による契約より入居者の居住の権利を確保しやすいと一般的にみられているためです。

建物賃貸借契約は借地借家法により、貸主側に解約の正当な事由が無い限り、居住者の住み続けが保障されるが、利用権方式では事業者が倒産した場合などの住み続けの保障が不安定な上、入居者が要介護状態になった時に、本人への同意が無いまま介護居室への移動が行われるケースもあります。

しかし、これらの差を持ってサービス付高齢者住宅が有料老人ホームよりも優れていると断定できるものでもありません。
居住の権利が保障された上で、サービスは選択制で利用するサービス付高齢者住宅にするのか、住宅もサービスも同一事業者によって包括的に提供される有料老人ホームにするのか、どちらを選ぶかは消費者個々の判断次第になります。

PAGE TOP