0120-350-503

営業時間 9:00 ~ 19:00

トップページコウナンWebマガジン

コウナンレクセルのお仕事

カテゴリー

category

スタッフブログ

2021.03.23

コウナンレクセルのお仕事

こんにちは。

水前寺LBの和田です♪

3月も終わりに差し掛かかり、過ごしやすい気候になってきました。桜もほぼ満開といったところでしょうか。

さて、今回は弊社コウナン・レクセルが行っているお仕事の一部をご紹介させて頂こうと思います。

 

ますはこちら!!植木町舞尾にございます宅地です。

こちらの土地は「擁壁工事代込の宅地」として販売を行い、無事成約致しまして、弊社にて擁壁を施工し買主様へお引渡しをする予定の土地です。

先日から工事が始まりました!擁壁施工部分を掘削している様子です。

擁壁完成のイメージはこちら♪

擁壁を工事して引き渡しますといっても、実際に購入される方は、何もない土地に擁壁ができるイメージが湧かないと思います。

しかし、クロスクリエイションのサービスとして行っているCGを使えば、現地の写真に建築予定の擁壁イメージを合成することが可能です。

現地の写真に合成することによってより、臨場感が演出できていますよね♪

こういった”擁壁を施工しないといけない土地”のように一見デメリットに見受けられがちな物件でも、アイデア一つで素敵な物件に変化させることが可能です!一つの事例としてご紹介させて頂きました。

 

このように、一つの不動産に対して、企画・提案をし実際に商品化し販売を行っていく中で、商品化に至らないことも多々ございます。

一つの例としてご紹介させて頂きます。

コウナン・レクセル水前寺事務所のすぐ近く、水前寺公園にある中古戸建の買取のお話があり、検討。築40年の立派な和風邸宅です。

敷地は約137坪あり、建坪約86坪あるとても大きな住宅です。

商品化していく上で、フルリノベーション案や解体し土地として販売していく案や宅地分譲案、様々な案を検討し、宅地として販売する案に

絞り、計画。

ネックになったのが、1階のガレージ部分です。1階部分がガレージになっており、その上に建物が建築されている3階建ての建物でした。

これをどうするか悩みました。ガレージ部分を残して解体費を抑え販売するのか、それで家が建つのかなど。。。

結局、全て解体することで計画を組みましたが、全面道路の幅員の狭さや地形の問題で解体自体隣地の協力を得ないと困難な状況に。

また、先述した植木町の案件のように、建築の際擁壁が必要になってくる、となると土地自体の価格が高額になるので、水前寺公園という希少なエリアでありながらも需要は見込めないのではないか。

様々な調査、検討を踏まえ、商品化を断念致しました。

 

良い商品をお客様に提供していく上で、断念せざるを得ない案件もあります。

こういった経験をすることによって、お客様に行うご提案や企画に幅が広がり、良い勉強になったと思います。

 

こんな感じで日々業務に励んでおります!!これはほんの一部です

まだまだ勉強不足ですが、これからも精進してまいります(^_^)/

以上、コウナンレクセル 和田でした!!!

 

 

 

 

 

 

熊本県・熊本市の不動産売買と
管理はコウナンレクセル

0120-350-503

営業時間 9:00 ~ 19:00

  • 京町ラボ

    〒860-0078 熊本市中央区京町 2-14-16

  • 水前寺ラボ

    〒862-0956 熊本市中央区水前寺公園 25-2

  • 上通り並木坂ラボ

    〒860-0847 熊本市中央区上林町 3-34